« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

バックオーライ

 トラックバックのテストです。
 なるほど、こうやってやるんですね。これからは活用しようかな。

 ココログ・トラックバック野郎 http://trackbackyaro.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ジャンプ43号 銀魂感想

第百三十四訓 漫画家は原稿のストックができてこそ一人前

先週分
 先週の感想も軽く書きます。前々号(41号)のシリアス編から打って変わってのギャグパロ編。ミツバさん編があれで終わってしまったのは少し寂しいですが、また真撰組が出る話で少し回想でもしてくれるのではないかと期待しています。それになんてったって前号はこち亀祭りですしね!ちゃっかり便乗してパロりまくるトコが、さすが銀魂!(笑)

 個人的には、もう誰にも止められないレベルまで到達してしまったズラのボケっぷりがツボでした。「生ゴミ捨てに行った」とか、「ダメなオッサンのどこがダメなんだ!」とかもうとにかく笑いましたw彼のボケはいったいどこまで疾走するんでしょうね~。

今週分
 
最凶の人が来ちゃいましたね。指示までオッサン臭がプンプンと!新八じゃなくてもびっくりですよ。

 マダオの本体ってグラサンなんですか?!ちょっとみんなで言いたいほーだいですね。コレぶっちゃけ長谷川さんじゃね?ってトコに笑ってしまいましたw。終いにはさっちゃんがダメ押し。ボケに囲まれて新八大変だなぁ;

 エリザベス先輩ィィィ!ホント男前ですよねこの人(?)は。おもっきりスソまくりすぎですよ。っていうか読み書き教えてたんですねヅラさん。

 眉毛そり落とし損ねてかみそられるマダオがホント哀れ;。まあ、神楽ちゃんなんか気にもしてない感じですが。新八まで刈られちゃって!あぁ、山崎のアフロは気になったなぁ・・・。シリアスシーンもあのまんまで一人ボケみたいになってましたよね。もし新八この状態で四週だったら辛いでしょうね。ありえるかも(笑)

 とっつぁんやっぱ感染しましたね。ウイルスなめんじゃねェェ!

 銀さん、そういやだいたい資格そろってますね。マニアックな趣味のトコはどーかなと思うけど・・・。あ、結野アナのフィギュアか?(笑)。最後のシメ、かっこいいけどコレ、ダメなオッサン認定されちゃったってことですよね?まだそんな歳じゃないハズなのに(多分)!
 マダオ、ドンマイ(泣)。

ツボポイント

・確かにこち亀30周年とか単行本に書いてもわかりにくいですよね。目次に注釈でもつけるのかな?
・ヅラ、裏声特技になってない?いったい何パターンあるのか聞いてみたい。
・あの食料なに入ってたんだろ。
・B-超5963、「部長ご苦労さん」って意味だったんですね。ほかの感想サイトさんみてはじめてわかった。
・莫迦門ぶっ放す銀さんのコマ絵が急にきれいになった気がしました。だんだん画力上がってますよね、空知先生。
・あのシリアスシリーズ、さっそくパロりましたね。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

一週間ぶりの投稿

 先週の金曜あたりからパソの調子が悪くなってネットできない状態でした;とりあえずなおったのでようやく復帰できそうです。

 とりあえず更新してないジャンプ感想は来週にまとめてあげようと思います・・・;;ごめんなさい~;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年ジャンプ41号感想

銀魂感想でも書いたんですが、学校が始まって忙しくなるので、好きな、もしくは気になったもののみ感想を書くことにします。申し訳ないです;

REBORN!
 ラル・ミルチ、ワイルドなリボーンという感じで格好いいです。骸たちがまた出るのでしょうか。今度は味方になるのかな? 

銀魂
 別記事で。

BLEACH
 石田完全復活したみたいですね。なんか最後のコマの石田の構え、魔法使いなんたらアニメっぽくみえるのはナゼ?私だけ?

Jギャグオールスターズ
 超こち亀
 参加作家多っ!かなり豪華メンバーですね。ていうか何気に空知先生もかいてるようで。読みたいな~。でも2100円は高いです;
 本文
 ジャガーさんが一番いいとこもってってた気がします(笑)。あとペンギンの大原部長がシュールで良かったです。

エムゼロ
 やはり太極図とおんなじ効果があるみたいですね。確かにこの調子じゃいつまでたってもゴールドプレートに近づかないような。

太臓
 アレ?おかしいな~女子に優しい太臓がなんかかわいく見えたよ(笑)。

デスノニュース
 声優さん決まったみたいですね。月役の人は残念ながら知らない人なんですが、L役の山口さんは好きな声優さんなのでうれしいです。イメージもあっていそう。設定画も似てていいです。

メゾペン
 こんなメリーさん怖くないよ(笑)。リアルですね、なんか。

OVERTIME
 ハネ君仲間に入りそうですね。ケンカに巻き込まれるときだけ戻ってしまう主人公かわいそう(笑)。

ディグレ
 アレンと神田のケンカは相変わらず面白いです(笑)。ノロモヤシってw髪の毛なくなるよw

ジャガー
 今週特に面白かったです。女なんて基本ほめるとこないんだぞってすごいジャガーさんっぽい言い分だなぁ。笑ってしまいましたw次週がんばピヨ彦w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀魂 第百三十二訓 感想

第百三十二訓 私と仕事どっちが大事なのとかいう女にはジャーマンスープレックス

 学校がはじまってリアル世界が忙しくなり、ネット時間が減るので感想は箇条書き形式で、短めになります;ごめんなさい;

 一人きりで奮戦する土方。これ見て「燃えよ剣」のクライマックスを思い出した人は私一人じゃないはず!多分!(笑)。あのシーンは思わず震えがくるほど大好きです。というか土方歳三大好きです。マジで。銀魂の感想じゃないけど(汗)

 近藤さん、土方がミツバを好きだってこと、ちゃんと知ってたんですね。自分はストーカーやってるくせに友人の恋愛関係には聡い(超失礼)。この男気を見せればきっとお妙さんにも惚れられるのに。惜しいですね。

 蔵馬はとんだ悪党だったようです。まさかここまでとは予想していませんでした。道具として愛していたというのは如何にも悪徳商人らしい言い分。

 ほれた女のために一人泥かぶって戦う土方さんは本物の「侍」だと思います。今シリーズずっとそうですが、ヤバイかっこいいよ。とてもお茶漬けに死ぬほどマヨネーズぶっかける人には見えませんよ(笑)。

 車の上から刀で蔵馬の肩を一突き。さすが鬼副長、剣(そしてタバコ)が様になってます。

 ピンチに銀さん登場!助けに来た、じゃなく激辛せんべえ届けにきただけって言うのが、また、銀さんらしくていいです。それとなく沖田の存在を気づかせる一言になってますし。

土方さんが刀で、銀さんが木刀でタイヤを止めるところがかっこいいですね!二人の相当な力と技量、あと木刀の硬度(笑)あってこその技だと思います。

 オッキーすげー!車を正面から真っ二つに。ゴエモンを思い出しました(笑)。

 ミツバさん・・・!「きっとよ」が何度もエコーっぽくかかるところが、すごい切ない。最期、総悟との別れの言葉にもやられました。切なすぎます。ここまで読んで、もう自分の中でも好きなキャラだったので本気で悲しいです。あー!もう!(泣)激辛せんべえ食べながら泣く土方さんと後ろに居る銀さんの「辛ェ」っていうつぶやきも切なすぎる・・・・;

 今週、次週に続き超感動話でした。このシリーズこのまま終わるんじゃ、ホント哀し過ぎるので、次週後日談的なものをやってほしいです。切実に。

 ツボポイント
・サブタイ 
 いや、なんでプロレス技?ジャーマンスープレックスってなんか語呂が良い。銀魂のこういう無駄に長いタイトル好きです。最近は昔より減ってるから余計に。

・巻末コメ
 ネットでみましたよ、まりもっこり(笑)。うん、すげーいやらしい感じでした。なんていうか全体的に。アレ、安藤選手も持ってるっていうですからびっくりですよ。気になる方は検索してみてください(笑)。

おまけ①
授業中ヒマに任せて描いたミツバさん。大好きですよ~;鉛筆書きなので薄い;;
Photo_7

おまけ②
武州に居たころの三人。コレ下書きの段階なので、彩色したらまた載せるかもです。

Photo_11

あ~スキャナーほしい・・・。写メだと光の具合と かで写しにくい;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀魂14巻 感想

銀魂14巻 四人揃えばいろんな知恵
 発売日の朝に買っていたのですが、バイトなどで感想upが遅くなりました;遅ればせながら・・・

表紙 
 九ちゃんの服色かっこいいですね。藍色×白って凛とした雰囲気が出てていいと思います。連載中、自分の中では薄い緑×黒かな、と勝手に想像して読んでいました。あと、バックに東城さんがいたら面白そうだったんですが。

本文
 一話ずつ感想かいてるヒマはないのでまとめて。

 今回は一冊丸々柳生編ですね。皆さん感じていたと思いますが、今回の長編、雑誌で読んだときは、私も長いなぁと感じていました。でも、今、コミックでよむと、雑誌のように一話ずつ区切ってではなく、まとめて読むことができたので、すんなりとストーリーの流れを追って読め、ほとんど長さは気にならず、臨場感たっぷりで楽しく読めました。よく考えれば銀魂では最長のシリーズですが、ほかの少年漫画はひとつの展開に2冊、3冊もしくはそれ以上費やすわけですから、必ずしも長いとはいえないと思います。ただ、銀魂は1話完結話が秀逸なので、長いシリーズに対する風当たりが強いのではないかと。

 はじめての長大編でしたが、このシリーズを通して、バトル描写のスキルも確実に上がっている気がしますし、成功だったのではないかと思います。柳生一門もいいキャラしてましたしwえ~、要するにまとめると、柳生編も好きです!という(笑)。

おまけページ
 Vジャンやカラーが多く載っているので、書下ろしは少なめですね。でも、Vジャンのマダオ育成ゲームと空知先生のゲーム遍歴(笑)は立ち読みしていてものすごく笑ってしまったので、載せてくれてうれしいです。前者のマダオゲームは、がんばれといってはいけないとか、天井のヒモで遊んでみようとする(!)とことか、どのネタもマダオ臭全開でものすごく笑ってしまいました。しかも題名「脳が腐るゲーム」って!(笑)。

  後者のゲーム遍歴は、空知先生がゲーマーだってことにまず驚きました。てっきりアナログ派だと思っていたので。ドラクエⅴネタは、私自身超ハマった思い出のゲームだったので、なつかしかったです。ある日突然、ビアンカがフローラになってたらそりゃビビりますよ(笑)。しかも原因が親父さんとは(笑)。ちなみに私もビアンカ派です(どうでもいい)。

 天人コーナーは毎回応募者の作品に対する先生のツッコミが楽しみで見てます。詩人さんは確かにつかえないよなぁ。どう考えたって天人じゃないもの(笑)。

 いつもの先生一人語りは色々あって大変だったようで。どのエピソードも失礼ながらわらってしまうんですが。だって、ポロシャツでポロリはまずいですよw27歳にしてオッさん化現象が進んでるってちょっと不憫。ガンバレと思わず思ってしまいました。でも、そういう空知先生が好きです(笑)。

 質問コーナー、見た後のあの取り残され感がイヤっていうのめっちゃわかります。私もそう感じるときがよくあります。あと、アニメの時間枠移動、さり気に気にしてたんですね。私的には別にTV関係者とかじゃないからよくわからないけど、アレは空知先生のせいじゃなくて、テレ東の秋の再編成が原因だと思います。別にいじる必要なんかなかったのに・・・と私は思ったのですが。でも、6時台のほうがライバル番組が少ないのでやりやすいのではないでしょうか・・・多分。

 総合すると今巻も色々笑いポイントがあって面白かったですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インゴ・マウラー展

 大学の授業中に紹介されてから、夏休みの間のいつかに行こう行こうと思っていて、やっと今日行ってきましたインゴ・マウラー展。

 全体の展示会の雰囲気は一言で言えばとても美しい不思議ワールドという感じ(わかりにくい表現ですが;)。なんとなく宇宙を連想させました。

 一番驚いたのは、LEDで描かれた色が変化するバラの壁の暖炉。椅子と机が用意されていて、実際座って見れるのですが、ついたり消えたり、色が変わったりするバラの模様がとても不思議で美しかった。炎が映像というところも、あるように見えて実はない、というトリッキーさが、展示品の雰囲気とマッチしていました。

 もうひとつステキだなと思ったのは透明な板にLEDの光がちりばめられた机と椅子。コレも実際に座れるのですが、まるで夜空の上に乗っかっているような不思議さでした。とにかく美しかった!

 あとは割れた皿と陶器の人形の照明。割れた皿があんなにすばらしい作品になるなんて思いもしませんでした。皿のもれる光がきれいでした。

 後個人的に好きなのは赤いハートの照明。とってもかわいかった!反射する光もハートがたっていうのが、にくい演出と思いますv

 あと赤い液体の入ったボトルが集合してできた照明もステキでした。あれは自分でも作れそうだったので、やってみようかなと思いました。

 全体的に見て、照明ひとつでこんな楽しいアイディアをつかってモノを作ることができるということが、自分的には一番の発見でした。映像見ても思ったのですが彼はすごく楽しく仕事していそう。そういうのっていいなと思いました!

公式サイトのリンクを張っておくので、気になった人は見にいってください。私のつたない文章よりも公式サイトで見たほうが全然わかりやすいので(汗)。

光の魔術師:インゴ・マウラー展 http://www.operacity.jp/ag/exh74/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年ジャンプ40号感想②

太臓
 妹のことになるとツッコみに冷静さのなくなる妹バカ(笑)っぷりが面白かったです。

OVER TIME
 ハネ君、行動に反して意外と熱い男だったんですね。俺のミットはあの球を受けるためだけに存在しかんたらってくだり、青春だなぁって思いました。キャストもそろってきたし、だんだん盛り上がってきましたね。

読みきり 瞳のカトブレパス
 悪くはないんだけど、なぜかどこかで見た感がぬぐえませんね。キャラがもっとたってたら面白いかと思うんですけど。

ネウロ
 策士策におぼれる、ですかね。自分でネタばらししてやられちゃうのはある意味知能犯的悪役の王道かも。

ボーボボ
 ボージョボー人形が一番面白かったかも。ボージョボーの祈りってなんだよ(笑)。

ムヒョロジ
 トラック運転する毒島さん、女丈夫って感じでやっぱかっこいいです。くわえタバコが粋。

みえるひと
 白金、ガクについで好きなキャラかもしれない(笑)。ガクもそうだけど無駄に濃ゆいよの人!「これが僕のヒーロー像ですが何か?」に笑ったw開き直ってるし(笑)
 

エムゼロ
 プレートに使用可能なポイントがありますが・・・ってこのプレートポイント制なのでしょうか?なんだか魔法というよりはお店のポイントカードみたいですけど。魔法を消したってことは魔法を無効化する効果があるんでしょうか。太公望の太極図みたいなモノ?
 やはり元凶はロッキーのようで。

村雨君
 七波さん、ぐれてるように見えていい女の子なんですね。村雨君を振り回す行動も、憎たらしいようでなんだかかわいい。こういう一見ワルなんだけど実はいい子っていいなって思うかも、もし私が男だったら(笑)。

ジャガー
 あー、子ども雑誌によくあるアレですか。でも内容がやばいですよ!確実に病院行くべきですよコレは。ピヨ彦との心の壁って(笑)。
 ほかの感想サイトさんも書いてましたが、ハマーの芸人デビューはどうなったのでしょうか。スルー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年ジャンプ40号感想①

アイシールド21
表紙&巻頭カラー 
 光を受けるセナがかっこいいですね。巻頭カラーはサマー!がテーマのようで。いつもですが、村田先生のカラーはモノの質感がよく表現されてて素敵。水の入ったペットボトルで反射する光の描写などとても丁寧だと思います。

本編
 最終的に栗田のがんばりで泥門逆転勝利!先週読んで敗退という結果もありえるかなと思いましたが、勝てましたね。よかったです。

ONE PIECE
 ナミの「人ってこんな簡単に死んでいいの?」って問いがとても重く感じました。少年マンガってともすれば人々の命が軽く描かれがちだと思います。エンターテイメントの性質上仕方ないのかもしれませんが、それはやっぱり間違っていますよね。
 いよいよ残すところルフィ対ルッチ戦のみとなりましたね。

NARUTO
 カカシ先生ホント口がうまいですね。年の功?乗せられてるヤマトが面白かったです。

BLEACH
 石田父と一護父って顔あわせ初じゃなかったっけ。昔会ったことありそうですが。今回は異世界に移動する間の事件はなかったですね。ルキア奪還編のときに門が閉まるー!とかいって走るトコ面白かったんだけどなぁ(笑)。

ディグレ
 髪下ろした神田普通に素敵だ!?星野センセはキャラの髪型変えるの好きですね。キャラデザもそうだけどオシャレさんっぽい。星野センセのセンスは大好きです。
 リナリーの結晶化は彼女のイノセンスがハートということの証でしょうか。
 ついに帰ってきたアレン!新しいイノセンスでどう戦うか楽しみ。

メゾペン
 初恋の人38歳か!微妙に年上じゃね?(笑)。今週の佐藤さん、私の中ではひそかに楽しみなコーナーになりつつあります(笑)。

REBORN!
 神田に続きイメチェン素敵だよ第二弾、スクアーロ(笑)。ショートもさっぱりしていいと思います。戦い破れ死んでしまったように見せかけ、なんだか復活しそうだなと思っているのは私だけですか。ザンザスはスクアーロに対してひどく残酷ですが、「過去をひとつ清算できた」という台詞に秘密がありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀魂 第百三十一訓 感想

第百三十一訓 男ってメンドくさい

 柳生編で銀さん女ってメンドくさくてよくわからんわって言ってましたけど、男も?結局男も女もお互いをめんどいと思ってるんでしょうかね。

  入院中のミツバさんと銀さん。銀さん、またナチュラルに女の人に対して下ネタ言ってるんだけど、なぜだかほほえましく感じてしまう一コマ。ミツバさん、あんな捨てられ方してトラウマにでもなってるんじゃないかと想像していたんですが、そんなことはなかったようです。ちゃんと土方さんの行動の真意をわかってたんだ。本当いいヒトだなぁ。死なないでほしい・・・。

  ミツバさんのそばにいてあげてくれという山崎に、こんなときに商売にいそしんでる旦那のほうが薄情だと言う土方。目が超殺気立ってる!このコマの絵すごく力はいっている気がします。

  近藤さんくまのコトメイクって・・・パンクメイクを連想させる(笑)。土方さんに対する嫉妬を表に出す総悟。軽蔑しましたかって聞くあたり自分でも言うべきじゃないと感じてはいるんでしょうね。それでも、この状況下で止めることができない。表情の変わらない彼ですが(瞳孔開いたけど)、気持ちは痛いほど伝わってきます。

 蔵場当馬はやはり密輸に手を染めていたんですね。人のよさそうな顔とは裏腹に本当に悪人だったようで。

 土方さんは総悟の隊内での立場を配慮して単身飛び出したのか。カッケー!カッケーよ土方さん!アンタ男だよ!(笑)

 いつも溝を感じていたという総悟におもっきりグーで殴る近藤さん。理由はお前がガキだからということ。そして、トシがお前と同じことを言えばトシも殴っただろうと。誰かが捻じ曲がればほかの二人がぶん殴ってまっすぐに戻す。だから俺たちは永遠にまがらねぇ。お前の作った溝なんかなんでも飛び越えなんどでもテメーをブン殴りにいく・・・。
 
  アレ?近藤さんにかつてこんなかっこいい台詞があっただろうか。ちょいちょいいい事いってたけどコレほど長いのは初めてだと思います。惚れたよ近藤さん!ヒジーに負けず劣らずこっちもカッケーよ!今週は感動ポイントが色々あったけど私的には近藤さんに一番感動したかもしれません。

 本当は全部わかってたんですね、総悟は。でもずっと二人と自分との間に溝がある気がして、素直に認められなかった。悪く言えば原因を土方に押し付けて自分の心の負担を軽くしたかったのでしょう。でも今近藤さんに諭され心の荷が下り、土方さんを気に食わないなりにも認められるようになったと・・・。先週どうなるかと思わせた複線がほとんどキレイに消化されましたね。長編・短編共通していつも思うのですが、まとめ上手だなぁ空知先生。

 銀さん寝てるフリして起きてたのね。そんな気はしてたけどやっぱいいヤツだ~。ってまだ名前間違ってますよ! 

以下ツボ箇条書き
・近藤さんのクマはふたコマでもどったのに、いつまでたっても戻る気配のない山崎のアフロ(笑)。
・三人がお互いの曲がったトコをまっすぐ直す、か。こういう関係好きです。これぞ本物の友情ですね。
・小型ジャスタウェイ爆弾が!まじめなシーンなのにそこだけ笑を誘った(笑)。
・三人の悪友って、近藤、土方、銀さんですよね。

今週はとてもシリアスにヒューマンドラマでした!普通にめっさ感動してしまいましたよ!逆に感想書くのは大変だったんですが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »