« インゴ・マウラー展 | トップページ | 銀魂 第百三十二訓 感想 »

銀魂14巻 感想

銀魂14巻 四人揃えばいろんな知恵
 発売日の朝に買っていたのですが、バイトなどで感想upが遅くなりました;遅ればせながら・・・

表紙 
 九ちゃんの服色かっこいいですね。藍色×白って凛とした雰囲気が出てていいと思います。連載中、自分の中では薄い緑×黒かな、と勝手に想像して読んでいました。あと、バックに東城さんがいたら面白そうだったんですが。

本文
 一話ずつ感想かいてるヒマはないのでまとめて。

 今回は一冊丸々柳生編ですね。皆さん感じていたと思いますが、今回の長編、雑誌で読んだときは、私も長いなぁと感じていました。でも、今、コミックでよむと、雑誌のように一話ずつ区切ってではなく、まとめて読むことができたので、すんなりとストーリーの流れを追って読め、ほとんど長さは気にならず、臨場感たっぷりで楽しく読めました。よく考えれば銀魂では最長のシリーズですが、ほかの少年漫画はひとつの展開に2冊、3冊もしくはそれ以上費やすわけですから、必ずしも長いとはいえないと思います。ただ、銀魂は1話完結話が秀逸なので、長いシリーズに対する風当たりが強いのではないかと。

 はじめての長大編でしたが、このシリーズを通して、バトル描写のスキルも確実に上がっている気がしますし、成功だったのではないかと思います。柳生一門もいいキャラしてましたしwえ~、要するにまとめると、柳生編も好きです!という(笑)。

おまけページ
 Vジャンやカラーが多く載っているので、書下ろしは少なめですね。でも、Vジャンのマダオ育成ゲームと空知先生のゲーム遍歴(笑)は立ち読みしていてものすごく笑ってしまったので、載せてくれてうれしいです。前者のマダオゲームは、がんばれといってはいけないとか、天井のヒモで遊んでみようとする(!)とことか、どのネタもマダオ臭全開でものすごく笑ってしまいました。しかも題名「脳が腐るゲーム」って!(笑)。

  後者のゲーム遍歴は、空知先生がゲーマーだってことにまず驚きました。てっきりアナログ派だと思っていたので。ドラクエⅴネタは、私自身超ハマった思い出のゲームだったので、なつかしかったです。ある日突然、ビアンカがフローラになってたらそりゃビビりますよ(笑)。しかも原因が親父さんとは(笑)。ちなみに私もビアンカ派です(どうでもいい)。

 天人コーナーは毎回応募者の作品に対する先生のツッコミが楽しみで見てます。詩人さんは確かにつかえないよなぁ。どう考えたって天人じゃないもの(笑)。

 いつもの先生一人語りは色々あって大変だったようで。どのエピソードも失礼ながらわらってしまうんですが。だって、ポロシャツでポロリはまずいですよw27歳にしてオッさん化現象が進んでるってちょっと不憫。ガンバレと思わず思ってしまいました。でも、そういう空知先生が好きです(笑)。

 質問コーナー、見た後のあの取り残され感がイヤっていうのめっちゃわかります。私もそう感じるときがよくあります。あと、アニメの時間枠移動、さり気に気にしてたんですね。私的には別にTV関係者とかじゃないからよくわからないけど、アレは空知先生のせいじゃなくて、テレ東の秋の再編成が原因だと思います。別にいじる必要なんかなかったのに・・・と私は思ったのですが。でも、6時台のほうがライバル番組が少ないのでやりやすいのではないでしょうか・・・多分。

 総合すると今巻も色々笑いポイントがあって面白かったですw

|

« インゴ・マウラー展 | トップページ | 銀魂 第百三十二訓 感想 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146901/3374912

この記事へのトラックバック一覧です: 銀魂14巻 感想:

« インゴ・マウラー展 | トップページ | 銀魂 第百三十二訓 感想 »