« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ジャンプ3号、4・5号 銀魂感想

めっちゃくちゃ遅れてすいませんです;;
しかも2号は時間の都合で割愛します;本当にごめんなさい;

第百四十六訓 消せないデータもある

たま編最終章。簡潔な感想だけ先に言うと今回とてもいい終わり方だと思います。銀魂の長編はクライマックスでいつも感動させられます;;

体が消えてく伍丸弐号のページはとても作画がきれいでした。伍丸弐号機自身あまり今までになかったカンジの二枚目キャラで好きでしたが。

「さようなら、お父さん」のたまに感動;きれいなバトルのシメでした。

その後の銀さんの説教もいいと思います。とても個人的ですが、とくに「芸術家は~」のくだりが好き。宇宙ひねりだすってかっこよくないですか。下っぽい表現ですけどね(笑)。

耳のアレは無線代わりになるんだ~とふと思いました。

「友達が・・・できたよ」のくだりもとてもいいセリフです。

新八も神楽も随分男前になりましたねw(神楽は女だけど;)
そしてたまさんはスナックお登勢に仲間入り。これからもちょこちょこ活躍してほしいです、ボケ要員として(笑)。

最後のシメコマがとてもほほえましいです。自分が万事屋スキーなんだってことを改めて再確認しました。
このシリーズはコミックでまたまとめて読みたいですね。

第百四十七訓 ゲームは一日一時間
よく親に言われてました。

そして戻ってきた日常。今回は大晦日ゲームゲット作戦か~。
というか、OWeeって・・・プレイしたらものすごく気持ち悪くなりそうなんですけどw

武蔵、武蔵がいるよ!(笑)ほかのキャラも相変わらず。

万事屋の食べているヤツはハイジ見てないからわかんないんですが、まあおいしいということはつたわりました。

んでヅラ+エリー!ホントに彼は光の速さで落下中ですね。時代に乗り遅れてるとかもはやそういう次元じゃないです。
真選組は往来で風呂入ってますし。近藤さん、キメゴマでなんてコトを!・・・ま、今更か。

眼球にデコピンはリアルに怖いです、お妙さん。そして山崎はミントンからカバディへ移行?新鮮な絵ヅラに笑ってしまいましたw

神楽ちゃんの「伝説のガケ的なものからヒロインを落とす」は新説ですねwココも個人的にツボ。

近藤さんそこまで言われてなんで気づかないんだ。でもそこがいいところなんでしょうね。

ヅラマリオで次号に続く・・・。来週号までの期間が長いので先が気になります。来年も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落書き③

気づけばまた二週間も放置プレイでした。すいません;忙しかったんです色々・・・課題とバイトのサイドイッチはきつかった。
やっと学校が冬休みに入りました。でもまだ年明けのレポート&課題があるので油断できねぇ!あぁ!正月はきちんと来るのか!コノヤロォォォ!!
・・・すいません取り乱しました。来週、今週号含めた感想書きます。その代わりっちゃなんですが友人に渡す予定の落書きを載せます。お目汚し失礼。


_p1000213
 ヅラin教習所 15巻のアレです。ヅラのボケは最近とても磨きがかかっているように思うんですが。




_p1000217
 沖田vs神楽。この二人の小競り合いはとても和みます。柳生編以降あんまり会うことがないのでまたこういうシーンが見たいなーという希望もこめて。



そういえば新しい銀魂ゲームがほしいです。前作よりアニメカットも増えて豪華そうですし、システムも面白そう。悪口で相手に精神ダメージかけたりするのが銀魂らしくってステキです。公式HPの「今日の教訓」コンテンツも結構笑えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプ1号感想

今週号は書けた分だけの感想をアップします。私情で・・・っていうか明日講評会なんです。ヒィ!
全5作品です。

新連載 ラルグラド
小畑さんがファンタジーだというので、デスノートとは百八十度変わった子供向けの明るい作風になるのかな~と思ったけどそういうことはなかったですね。あくまでブラックな世界観はそのままにファンタジーに移行した雰囲気。
内容を簡単に読んだ限り私は面白いと思いました。ファンタジーってすごくどこでもありふれてそうな話が多いですが、コレはオリジナリティがあってよかったです。
これからのどういう風に展開していくか楽しみですね。さしあたっては来週のセンターカラーを期待します。

ワンピース
サンジの似顔絵アレひどいですね(笑)。あとチョッパーはかわいそうです。がんばったのにね。
フランキー仲間になるかが気になりますね。いいキャラしてるしぜひ入ってほしいなぁ。

リボーン
6人いっぺんに戦ったらすごい混戦になってしまいそうですが、きっと何かのルールをつけてわかりやすくするんでしょうね。

ブリーチ
ネル、女の子なんだからんなことしちゃだめだっての!(笑)。この特技大人になったら使えなくなるじゃないですか。どうするんでしょう?(笑)。神楽を彷彿とさせる特技ですね。
ドルドーニは憎まれ役を買ったけど最終的にはいいやつでした。チョコラテのみたい。(関係ないから)

ネウロ
弥子の活躍でHALを抑えましたね。もうひとつくらい反撃があるかと思いましたが白旗を揚げました。もっちょいがんばってくれても良かったかなぁ。
ついにパスワードがわかりました。女性の名前・・・まあフツウに行けばそれが彼女で一緒に生きていたかったってコトでしょうが、ネウロだしもっと意外性のある真実が出てくるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプ1号 銀魂感想

もう1号か・・・早いですね。あと一ヶ月で2007年か~。でも12月は試験やら課題があるんでまったく正月がきそうな気がしないゲフゥ。
ところで随分銀魂のグッズがでてますね。個人的にはちびボイスと目覚ましあたりが気になるトコです。音声入り目覚ましにツッコみながら起きたらちょっとおかしい人だけど、やってみたい気もします。もちろん部屋で一人のときにですけど。
では、以下感想。

第百四十四訓 洋楽は皆うろ覚え
カラクリの大群に対しキャタピラで応戦する源外じいちゃん。キャタピラはじいちゃんの趣味かねてるみたいですね。

神楽の武器もパワーアップしてなんだかサイバーな光線が出るようになりました。でも結局しょうゆが出るんですね。んで、銀さんの木刀もパワーアップ・・・したかと思ったらただしょうゆが出るだけっていう。何の役にも立たない(笑)。かっこつけておいてしょうゆしか出ないっていう落差が面白かったです。お前らしょうゆ一升丸飲みしろ!っていう突込みが最高に冴えてました(笑)。

あとディスク入れてロッキーのテーマが流れてくるところがいいですね。フェニス~もんじゃ~ってなんだかさっぱりなんですけど(笑)。うろ覚えで歌ってるんか。あ、サブタイがここで絡んでくるわけですね。たまさんは記憶があろうとなかろうと基本的に結構おバカなカラクリだってことがわかりました(笑)。

離しやがれって言う銀さんに白夜叉の影を見た。

たまさんはだんだんと芙蓉になっていってたんですね。そういう意味では実験は成功ということになるでしょうが、逆に林博士の方は失敗になっているよう。涙に次ぎ人間らしい感情を露わにしたたまさんの「生きていてほしい」というセリフに感動しました;

さびしかったのは流山自身だという銀さんのセリフが一番この騒動の心理をついているようです。今回はなにが原因かって一言で言い表しにくい展開だったと思うんですけど、これで全て集約した感じ。あとたまさん(くりんちゃん)と銀さん、なんか並ぶと絵になるな~と思いました。

今週も涙あり笑いありで良かったです。あとは伍丸弐号がただのストーリー進め役にならず、存在感を出してくれれば面白くなるんじゃないでしょうか。こういうライトみたいな盲目的に悪いことを正義だと勘違いしているキャラは個人的に好きなので(いや、こんなん近くに居たらイヤですけど)なんとか個性が出てくれることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落書き 銀魂3周年記念版

銀魂ももうちょいで三周年ということで、若干早いですがお祝いのイラストをアップ。お祝いというわりに仕上がりが汚いのは仕様です(嘘)。
コレ単にペンとスクリーントーンの練習なんですけどね。
これで書くなんて何年ぶりだろう・・・。中学生のとき遊びで使ったくらいだから。という長い言い訳をしてみる。(アホ)
とりあえずペンで曲線書くことを練習しようと思います。
あとスキャナーはいくらインストールしてもウンともスンともいわなくなったのでもうあきらめてデジカメでとりました(泣)。

P1000197

クリックDE拡大


シュチエーションは写真撮影で「おい神楽お前だけ前出んなって。カブって俺写んねーだろ」的なかんじで。

銀魂も3年生か~。長い連載ですね。私はたしか銀魂を読み始めたのは本誌のペドロさんあたりからだったので3年という月日は感じられませんが。でもコレ読みながら受験乗り越えたし思い出深い作品です。これからも空知先生にはゆるい独特の雰囲気はそのままにがんばってほしいです。ファンレター送ろうかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »