« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ジャンプ25号 銀魂感想

まず赤丸のインタビュー。大雑把ですが。
「死ぬまで漫画を書いていたい」という空知先生のお言葉が印象的でした。
やはりプロの漫画家さんですね。
私も死ぬまでやり続けたいと豪語できる仕事に就きたい
と真剣に考えてしまいました。

後、今後の展開として坂本陸奥編と神楽兄編が考えられているというのに驚き&喜び!
このままスルーされるんじゃないかとちょっとドキドキだったので。良かったァ〜

165訓 策士 策に溺れる
高杉さん!!今シリーズ出るかどうか微妙なトコだったのでうれしい!
作画も激奇麗じゃないですか?(笑)

列車が崩れぶら下がった状態になっている伊東。
宿敵土方を倒したと思い込む→己の状態(腕がもぎれている)を知る
の流れは伊東の絶望的状況と精神の錯乱を巧く表している感じですね。
銀魂はブラックなテイストもきっちり入りますね。

「やめてくれ 僕はこんなところで死ぬ男じゃない
 僕はもっとできる男なんだ 
 もっと もっと」

この台詞だけでもう、胸いっぱいです…(早!)
こういうの弱いんですよ本当に。芙蓉編でもかいたんですが
同世代の子たちには憎しみの目で見られ、母には存在そのものを否定され
一人の殻にこもり、他人に認めてもらう事だけをひたすら求め続ける…
これほど深いキャラ考察が出てこようとは先週まで思いもしませんでした。
コレ銀魂?新世紀エヴァンゲリオンじゃなくて?(笑)

そんな中 近藤さんは大将の器を見せつけてくれましたね。
ちょっと前の訓で伊東さんが言っていた
近藤さんのその「純粋さ、無垢さ」と相まってとても格好いい!
このシーンをお妙さんにも見せてあげたいですよ。
ほんとはいい人なんですよストーカーゴリラだけど!(フォローになってない)

「人から拒絶される事を恐れ自分から拒絶した
傷つくのを恐れ孤独が好きな芝居をした
心に壁ができてゆく」
空知先生の表現力真価発揮という感じですね。
感銘いたしました…!
伊東さん切なすぎるよ〜…!!

土方さんが救援に。
あれだけメンチきりあっても(え?)心の奥底では
仲間と思っていたんですね。

最後の宴会シーン、伊東さんも心なしか楽しそうで良かった。
それから泥酔してるのか、ものすごく大事にお酒をほおずりしている
沖田君がかわいいです。


って気づいたらまた一週間遅れだぜ
もはや清々しいぜコンチクショー!
トラバも張りたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプ24号 銀魂感想

またちょっと放置プレイでしたごめんなさい…!
なんかいろいろ手一杯だったので…でもちょっと解放されました…
そんなうちにジャンプが改変時期を迎え
メゾペンともて王が終わってしまうとは。
少し寂しい;;
特に大先生は次作もすてきな漫画を引っさげて
帰ってきてくれると信じてます。

約一週間前のジャンプですが、感想いきます!

第164訓 線路で遊んじゃいけません
線路で遊んじゃいけませんね。轢かれちゃいますもんね。

最後の砦、最後の剣…土方さん詩人ですね!意外!
てか万斎まで。
アニソンからロックンロール
クラシックからメタル、言い当て妙だと思います。
こういうの大好きです。イイな〜
ただ協奏曲より狂奏曲のほうがロックとかメタルっぽいかなぁ
と思います。美しきってつけられなくなりますが
みんな詩人ですね。
ていうか空知が詩人?そういう事?

トッシーじゃねーや土方さん背骨すごくないですか?
フツーそこまでいくまでに折れるよ。
立派な橋代わり。

沖田が暴れた後の血みどろ車両。
やるときはやる男ですが、ほんとに殺っちゃてますね。
うぉぉ。

土方ここォォが最高に笑えましたw
近藤さんもひどすぎる〜

君が局長ならば反乱など企てなかったかもしれない
土方さんに完璧惚れ込んでますね。いや変な意味じゃなくて
名前からしてむちゃくちゃ死相が濃いですががんばってほしいな…

銀さんは酔っぱらいの鼻歌。
でたらめで無作法…イイ喩え方だ!
ナイス万斎!

バーカバーカの応酬がかわいかったです。

列車爆発で次週って…ええ!?
真選組も心配ですが万事屋も心配
そして山崎も。なんかもう若干スルーされてません彼?

<追記>
今日発売のジャンプ(25号)も読みました。
一読して衝撃。…伊東さん…あんた…!!
感想は後ほどあげます。
あ、ちなみに赤丸の空知先生インタビューも
大変興味深く読ませていただいたので(笑)
できればそれについても。
後アニメも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジャンプ22・23号 銀魂感想

今ちょっとしんどいので感想短めにいきます。
なぜしんどいかというと引っ越してからこっち
パソコン用の机を買えてないからです(苦笑)
デザインと好みを優先するか、価格を優先するかも悩みどころだし〜
いいインテリアを探すのは大変です。

163訓 制服は二割増し
二割増以上ですよこの扉!みんな似合い過ぎだ〜かっこええ!

真骨頂発揮の沖田にちょっとビビりました。予想はしていたけれども。
瞳孔ひらきっぱなし+笑顔は怖さ三割増です。

引きずられまくりの土方さんも普段じゃなかなか見れないので
面白かったですwこすれすぎてヤバいんじゃないですかコレ。
ハゲの人(原田さん?)は都合の悪い事は聞かないタイプですね(笑)

涙の再開のハズなのにバズーカ直撃の局長…かわいそうに。
銀さん真選組に容赦ないなぁ(笑)


かっこいいはずの演説が所々おかしい。月に変わってお仕置きってなつかし〜な〜

トッシーの僕口調から副長の俺口調にだんだんかわる様が
リアルでかっこいい演出!タバコも再び。
真選組副長土方十四郎ほぼ復活!

でもまだちょっと残ってた。
俺のコスモ萌えろは今週で一番吹いたw

確かに土方さんが銀さんに礼を言う場面はフツーならありえないですね。まず。

土方さんが完全復活したのはうれしいんですが
反面トッシーもおもろかったのでもっちょいみたかったかも(笑)
来週あたりもトッシーがちょこちょこ出てくるかもしれないに一票(笑)

後赤丸の空知先生インタビューが楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

アニメ銀魂 感想

もう先週分になっちゃうのか…月日が経つのは早い。

ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配ると
そこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない

サブタイ長ッ!おもわず公式ページからコピベしちゃったよ(笑)
でもこういうノリノリの長サブタイ好きです。
サブタイだけでだいぶ笑えますw

さて本編。
だって読んだらなんか燃えるんだもんに爆笑w
コレは漫画で読んだ時もかなりツボりましたがアニメでも笑えました。

んで辰巳ちゃんはイメージに近いお声でした。
銀魂世界では意外に少ない金髪キャラなんですね〜
ぐだぐだな会話も忠実に再現されててよかったです。
いつまでそこにこだわるんだ…そして万引きGメン(笑)

あんまいろいろアニメオリジナル台詞いれるより
こーいう感じで原作どおりのセリフの方が面白いんじゃないかと思います。
原作ファンの言い分ですが。
アニメオリジナル台詞はヤケに比喩やパロディが多くて
ちょっとクドさを感じてしまうんですよね…

こっからあとの辰巳の過去や、頭との関係が丁寧にかかれててイイです。
30分あるとじっくり演出できますよね。
すてきな人情話に仕上がってました。

火事場からじいさん救い出そうとするところはかなり作画も良くて
臨場感ありました。
耳に呪われたイヤホンと散らかりハゲに(笑)

最後銀さんが頭助けたシーンがかっこ良かったです。ヤベッまたほれる!
湿気パーマ!水も滴る的なアレ?ちょっとうれしいサービス??(舞い上がり過ぎだ)
紅桜編も期待…(笑)

来週は八郎のかーちゃんの話みたいです。万事屋のホスト姿が楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »